医療法人社団城東桐和会タムス浦安病院

文字サイズ:

  • 標準
  • 大きく
アクセス
お問合わせ
メニュー

診療部

リハビリテーション科

理念

私たちは、地域から求められるリハビリテーションのニーズに応えるべく、
実行・実践・実施を常に意識します。

基本方針

1「患者さま第一」「患者さま優先」のリハビリテーションを実施します。
2リスクマネージメントを意識し、医療事故「0」を目指してリハビリテーションを実施します。
3新しい生活と人生を見据えたリハビリテーションを実施します。

理学療法士

理学療法士とは
主任 横山 浩基
理学療法士とは、「身体に障がいのある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう」と定義されています。
当院は、回復期病棟・地域包括ケア病棟・緩和ケア病棟の3つの病棟があり、主に脳血管疾患・運動器疾患・廃用症候群が対象になります。
全ての病棟で、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・介護福祉士・栄養士・臨床心理士・社会福祉士が常に連携をとり、社会復帰に向け、可能なかぎり最高の日常生活動作を実現できるよう、患者様にとってより良いリハビリテーションを考えております。
大きな特徴として、千葉大学病院浦安リハビリテーション教育センターが併設し、教育と研究に力を入れており、さらにパスリーダー・ゲイトジャジシステム・ロボットスーツHAL・ドライビングシュミレーターなどの最新鋭機器もそろっております。浦安市と連携をはかりながら、地域医療における中心的な役割を目指します。
浦安市に愛される病院を作りたい
新入職員 黄金崎 新太郎
この病院の魅力は、先輩や若手、新人セラピストの隔たりが無く病院の未来について語り合い、病院づくりに深く関われているところです。浦安市に愛される回復期リハビリテーション病院を作っていくために、向上心を持ってリハビリに取り組むことができます。また、私と同じ今年入職したセラピストが多く、先輩と共に基礎的な復習をしながら切磋琢磨しているため、個人として成長していると実感しています。私がこの病院に就職しようと思った理由は、新設病院を0から一緒に作り上げながら働きたいと思ったからです。また、学生時代4年間住んでいた浦安市のために、タムス浦安病院で働きたい思いは強かったです。これからの私の目標は、患者様の今後の人生を希望のあるものにしていける知識と技術を身につけることです。
その上で、後輩やこれから理学療法士となる人たちへ共有していき、患者様に愛される理学療法士を一人でも多く育てられるようになりたいです。

作業療法士

作業療法士とは
OTマネージャー 三上 彩織
作業療法士とは、病気やけが等で日常の生活に支障がある人に対し、基本的動作能力・応用的動作能力・社会的適応能力の3つの能力を、「作業」を通して維持・改善し、その人らしい生活の獲得を支援するリハビリテーションの職種です。
作業療法における「作業」とは、生活を営む上で必要不可欠な食事・整容・排泄・更衣・入浴ちった日常生活活動から、洗濯・掃除・料理・買い物等の家事活動、スポーツや旅行等の趣味活動、仕事等、人々がする必要がある、したいと思う、することを期待されている、すべての行為を指します。
そのため当院の作業療法では、対象患者に対して、それぞれの退院後の生活を見据えた上で、「作業」を再獲得出来るように個別的な作業療法を実践しています。
当院の特徴としては、IVES(随意運動介助電気刺激装置)やパスリーダー(磁気刺激装置)、ドライビングシミュレーター等の様々なリハビリテーション機器を取り揃えている点が挙げられます。様々な機器があることで、提供可能な作業療法の幅が広く、より科学的根拠のある作業療法を提供することが可能です。また、自宅内外の動作・屋外の歩行や公共交通機関の利用、買い物等、院内の環境のみでは訓練が不十分な点に関しては、家屋調査・外出/外泊等、実際に退院後生活される場面での訓練を積極的に実施しています。
整った環境でリハビリができる
新入職員 山田 佳祐
学生時代に見たニュースで浦安市には回復期の病院が少ないという話を耳にし、その浦安市に新しい回復期の病院が設立すると聞き、私もその一員になりたいと思いタムス浦安病院を選びました。タムス浦安病院の魅力は環境が整ったリハビリスペースと経験豊かな先輩方や同期です。リハビリスペースは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が同一の環境でリハビリを行っている為、他職種のリハビリ内容を共有することが出来ます。各病棟にもリハビリスペースがある為、他職種との連携も図りやすくなっています。今後の自分の目標はまず患者様に対して正面から向き合い、「なぜ、どうして」などのクリニカルクエスチョンを常に持ちながら臨床に取り組むことです。そしてその疑問に対して勉強し、興味を持ったことに対して研究をしていきたいと考えています。

言語聴覚士

言語聴覚士とは
STマネージャー 松﨑 裕統
当院では、脳血管障害、交通事故による頭部外傷、神経筋疾患、頭頸部癌などによっておこるコミュニケーション障害や高次脳機能障害、食べ物を噛んで飲み込むことが困難となる摂食嚥下障害のある患者様やご家族に対して、よりよく日常生活がおくれるよう、また社会復帰できるよう、評価・指導などの専門的サービスを提供させていただきます。摂食嚥下障害のある患者様に対しては、週に1回のミールラウンド、適宜嚥下内視鏡検査、嚥下造影検査などを実施しています。また、ジェントルスティム、バイタルスティムといった電気刺激を用いた訓練も取り組んでいます。自宅退院後、食事の介助が必要な場合には、適切な介助方法などをご本人やご家族、退院先のスタッフへの指導も行っています。
千葉大学と連携し、質の高い医療を学びたい
新入職員 武藤 なつみ
私がこの病院を志望した理由は地域医療に密着するところに共感をしたからです。そして、千葉大学病院との連携協力に基づく「千葉大学病院 浦安リハビリテーション教育センター」が併設されていることで、質の高い医療を学ぶことができると思ったからです。入職して良かった所は同期が多いため悩みがあったときに相談できる所です。私は言語聴覚士ということもあり、今まで学校などで患者様の移乗の練習をしたことが殆どありませんでした。私はそのことを同期に相談し、教えてもらいました。今後は、自分の力を試しながらコメディカルのスタッフと連携を図り、一人ひとりの患者様に適したリハビリテーションを提供していきたいです。

臨床心理士

患者様の視点に立つこと
公認心理師・臨床心理士 有賀 美紀
私たちは、常に他職種と連携しながら、患者様の視点に立った患者様のための支援を目指します。患者様への心理的サポートでは、パーソナリティ検査や面接を通して真の理解に向けて共に歩くことを心掛け、必要に応じてカウンセリングや指導を行っています。また同時にご家族への支援として、病気理解や問題解決のための環境調整など様々な相談をお受けしています。脳卒中や脳外傷、認知症の患者様への支援では、認知機能評価のため神経心理学的検査を実施。復職や運転再開へのアプローチとして認知リハビリテーション、グループ訓練、施設見学や体験の同行等、社会復帰への支援を行っています。
退院後の外来フォローでは、医師の指示のもと、患者様のニーズや困りごとに応じた臨機応変な対応を実践しながら、より良い生活と人生の再構築のお手伝いをさせていただきます。高次脳機能障害相談窓口では、電話相談、対面相談を行い、解決の糸口が見つからず問題が先延ばしにされることがないよう、「相談して良かった」とどなたにも思っていただけるよう回答し道筋を紡いでいくことをモットーに取り組んでいます。
ご相談、ご要望などお気軽にお声掛けください。

▲ ページのトップへ