医療法人社団城東桐和会タムス浦安病院

文字サイズ:

  • 標準
  • 大きく
アクセス
お問合わせ
メニュー

病院紹介

ご挨拶

高齢者の社会復帰に向けて良質で安全な医療を
タムス浦安病院 院長 河野 陽一
浦安市は千葉県で高齢化率が最も低い市ですが、全国的に少子高齢化が進んでおり、浦安市もすでに高齢者の増加にともない高齢者医療のニーズは高まっております。
特に高齢者に多い脳卒中や骨折からの「機能の回復」(回復期リハビリテーション)、また今後増加するガンに対する「疼痛コントロール」(緩和ケア)などの医療機能への整備が浦安市に十分でなかったことから、地域医療への新しい試みとして、浦安市と千葉大学医学部附属病院、そして病院事業者として桐和会グループが連携し、回復期から慢性期といった急性期以降の医療を守備範囲としたタムス浦安病院を、2019年4月に立ち上げました。
タムス浦安病院は、医療提供を行うのみならず、千葉大学病院浦安リハビリテーション教育センターを併設し、千葉大学との連携を基に、先進医療の研究と提供、その成果の地域医療への還元、そして医療人材の育成をも担う先進的、複合的な役割を持つ医療機関です。
このような特徴を最大限に生かして、タムス浦安病院では、特に高齢者の社会復帰に向けて良質で安全な医療を提供してまいります。
チーム医療とは
タムス浦安病院 副院長 森 芳久
チーム医療とは医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士、ケアワーカーなど多職種が連携して、治療・ケアの質を高めるアプローチのことを言います。
当院の回復期リハビリテーション病棟の場合、患者・家族の皆様がチームを目の当たりにするのは、入院後1ヶ月位して開かれるカンファレンス(家族面談)の場です。各職種の専門的立場・角度からの評価で始まり、患者・家族のご希望も取り入れて、全員参加で、まさにONE TEAMで退院後の生活をデザインして、それにむけたプランを立てます。このプランに従って、それぞれのスペシャリストがリハビリテーションやケアを進めて目標を達成していくのがチーム医療です。
患者・家族の皆様の目に触れませんが、実は入院前からチーム医療は始まっています。月曜から土曜まで毎朝開かれる入院判定会議では、当院に入院すればどんなゴールを目指すのか、どういうアプローチを行うのか、熱い議論が行われています。入院すると医師、看護師だけでなく、リハビリテーションスタッフ、管理栄養士が患者のもとを訪れ、そこで得られた情報は電子カルテを通じて、またスタッフ会議を通じて共有され、日々のリハビリテーションやケアに活かされます。
緩和ケア病棟、地域包括ケア病棟においても、同様に多職種が連携して医療を行っています。
タムス浦安病院はチームで患者・家族の皆様をサポートします。
質の高いケアの提供
タムス浦安病院 看護部長 竹内 美佐子
タムス浦安病院は2019年4月に開院し、回復期リハ病棟、地域包括ケア病棟の基準を取得し、緩和ケア病棟のための病院機能評価受審を済ませるなど、組織の基盤づくりに努めてまいりました。そして開院2年目を迎え、2020年度はケアの質とそのための人材育成に取り組みたいと考えています。
看護師、ケアワーカー(介護)は、患者さまがよりよい生活とより豊かな人生となるよう療養生活を支え、退院後にご家族を含めて少しでも自分らしい生活を実現するための力になりたいと願っています。
看護部の理念は「尊厳と安全の両立を目指し、生命の質を高めるケアを提供する」です。尊厳と安全、エビデンスとナラティブ、専門性の向上と多職種連携、両立が大切なそれぞれの調和とバランスを取りながら、質の高いケアの提供に取り組んでまいります。
教育体制は桐和会本部研修、千葉大学浦安リハビリテーション教育センター、タムス浦安病院の教育、看護部の教育、e-ラーニングなど多彩に研修の機会が用意され、病棟でもチームナーシングとパートナーシップのミックス型を取り入れています。
地域の皆様には「あんしん」と「まごころ」を提供し、看護部職員には「やりがい」と「成長の実感」を感じていただけるよう努めてまいります。
地域の医療と福祉が連携するためのネットワーク創り
タムス浦安病院 リハビリテーション部長 医師 竹内 正人
少子高齢化と労働人口の減少、社会保障の増加など日本は“課題先進国”です。まだ若く、財源も豊かで地域活動の活発な浦安市の資源を活かすのは「今」です。
タムス浦安病院は、浦安市において「リハビリテーションとケアに特化した病院」として2019年4月に誕生し、先ずは“組織の基盤作り”に努めてきました。2020年度は、リハビリテーションとケアの質の向上と“地域連携の基盤作り”に取り組みたいと思います。
病院が「治す」ためだけの「してもらう・してあげる関係」から、「よりよい生活とより豊かな人生」のために“体と心を整える”“回復力を向上させる”「自助・互助の関係」に転換できることを目指したいと思っています。
地域のあらゆる皆様と共に「健康寿命の延伸」「健康格差の縮少」現実の道を歩んでいければと願っています。「地域全体で地域の医療と福祉を支える」ネットワーク創りに貢献する活動を進めてまいります。
リハビリテーションとは
タムス浦安病院 リハビリテーション科 科長代行 森田 光生
「リハビリテーション」この単語は、市民権を得て久しく、かなり広意義に一般的に使われています。そもそも、リハビリテーションの語源は、re(再び)+ habilis(適した)、からなるラテン語にあり、「再び適した状態になること」「本来あるべき状態への回復」などの意味を持っています。
私たちは、この「再び適した状態」へという目標達成には、多職種協同にて各専門職の能力が発揮されること、また、患者様ご本人が自らで練習をすることで生活を良くしていくということ、この両輪が可動する事が不可欠と考えており、その実現していく過程をリハビリテーションと位置付けています。
私たち、リハビリに携わる専門職は、病気を治すことはできません。私たちが取り組んでいるのは、「活動」への手助けです。生活をすること、仕事をすること、趣味に興じること、そのすべては、身体の活動であり、脳の活動です。活動に対するリハビリテーションを、当院リハ科のコンセプトである「実行」「実践」「実施」を基に、最新機器を用いて提供していきます。最後に、リハビリテーションの最大の効果発揮は、病院リハスタッフとご本人を含むご家族が一つのチームとなった時と考えています。ぜひいろいろな思い、願い、未来をお伝えいただき、共有したいと思っております。

年間目標

1病院機能の充実、特に医療の質を向上させ、患者中心の医療をさらに深める
2急性期病院と密に協力し、地域医療に貢献する
3千葉大学と連携し、医療人の育成、および最新医療の開発と医療現場への提供をすすめる

▲ ページのトップへ