医療法人社団城東桐和会タムス浦安病院

文字サイズ:

  • 標準
  • 大きく
アクセス
お問合わせ
メニュー
2021.08.23

嚥下訓練オプトアウト(単施設)

2021年6月1日   患者の皆様へ   リハビリテーション科

現在、リハビリテーション科では、「嚥下造影検査で嚥下障害を認めた患者に対し機能的電気療法を併用した治療効果」に関する研究を行っています。今後の治療に役立てることを目的に、この研究では嚥下障害の患者さんの診療情報などを利用させて頂きます。診療情報などがこの研究で何のために、どのように使われているのかについて詳しく知りたい方は、下記の窓口にご連絡ください。

1.研究課題名「嚥下造影検査にて顕著な嚥下障害を認めた患者に対し機能的電気療法としてバイタルスティムプラス/ジェントルスティムを併用した嚥下訓練の効果について」
2.研究の意義・目的 「 嚥下障害のある患者さんに対し、従来の嚥下訓練に加えバイタルスティムプラスまたはジェントルスティムを併用した場合の治療効果を明らかにすること」
3.研究の方法  
嚥下造影検査を行い咽頭残留、喉頭侵入、誤嚥の所見がある患者さんに対し、従来の嚥下訓練に併用し、1日1回30分バイタルスティムプラスまたはジェントルスティムを併用し、使用前と1か月後の嚥下機能についての評価を行う。
4.個人情報の取り扱いについて
本研究で得られた個人情報は、外部に洩れることのないように厳重に管理します。研究成果の発表にあたっては、患者さんの氏名などは一切公表しないこととします。データ等は、タムス浦安病院の言語聴覚室の鍵のかかる部屋に保管します。
5.研究に診療情報などを利用して欲しくない場合について
ご協力頂けない場合には、原則として結果の公開前であれば情報の削除などの対応をしますので、下記の窓口にご遠慮なくお申し出ください。

文部科学省・厚生労働省による「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づいて掲示を行っています。
研究実施機関  :タムス浦安病院
本件のお問合せ先:リハビリテーション科
         医師 山岸宏江
         047(312)6765

▲ ページのトップへ