看護部

桐和会 理念『あんしん まごころ』に基づき、『親切な看護部』を目指します。

教育方針

理念

「安全と尊厳の両立を目指し、生命の質を高めるケアを提供する」

 看護師は、患者さま自らが生きたいと願う力を引き出し、支え、生きていて良かったと思える人生の伴走者でありたいと思います。そのために生活へのこだわりを大切にし、多職種が力を合わせて、個々の尊厳と安全の両立に最善を尽くします。

育成する人材像

理念、目標の実現を目指し「周囲の人と思いを分かち合い、自分を客観視しながら人間性とスキルを磨き、みんなとより良いものを創り上げるために常に誠実に努力する人」

教育制度

  • 桐和会人材開発室の教育
  • タムス浦安病院の教育
  • e-ラーニング
  • 看護部の教育
    • 各看護単位に教育責任者を置く (※当面は看護管理者が兼務)
    • 各看護単位の職員を5人程度のグループにし、各グループのリーダーを明示する
    • 新人一人一人にプリセプターを付ける
    • 各看護職員はポートフォリオに目標を明示し、院内・院外研修・e-ラーニングの受講状況を記載

      → 各リーダーに目標達成の進捗状況を相談する

    • 目標面接を行う
      1. 年度初め

        4月 目標管理シートを記入
      2. 中間評価

        9月 フィードバック面接

      3. 年度末

        3月 目標管理シートを返却・フィードバック

看護配置

  • 地域包括ケア病棟 13:1 看護補助者 25:1
  • 回復期リハ病棟 13:1 看護補助者 30:1
  • 緩和ケア病棟 7:1
  • 外来
  • 地域連携室に入退院支援看護師

看護方式

  • 受け持ち性チームナーシング 各病棟3チーム制

教育体制図

担当者

竹内美佐子
看護部長
石津美恵子
師長(外来・入退院支援、緩和ケア病棟)
小平康代
師長(回復期リハビリテーション病棟)
渡部みゆき
師長(回復期リハビリテーション病棟)