地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟は、急性期の治療後、症状が安定した患者さまに対し、在宅や介護施設への退院までの間、入院できる病棟です。
地域包括ケア病棟に入院できる最大日数は60日と決められています。
そのため、60日以内に退院できるよう治療やリハビリを行いながら退院を目指します。

地域包括病棟を利用できる患者さまは以下のような患者さまです。

  • 急性期からの退院後、後遺症やADLの低下のため、介護保険の申請をする必要があり、認定が下りるまでの約一か月間、リハビリや加療を続け、介護申請が下りた後に自宅に帰る患者さま。
  • 入所する施設は決まっているが、空きが無く待機が必要な患者さま。
  • 急性期病院から直接自宅退院することに不安を感じている患者さま。
  • 発熱や食思不振で入院の必要のある患者さま。
    (高度救急医療は地域包括病棟では行えません。)
  • 独居であったが、日常生活を行うことが難しくなり施設を探す必要のある患者さま。

上記の条件に当てはまらなくても、患者さまの要望をお伺いして臨機応変に入院の判断を病棟担当医が行いますので、どんな些細なことでもお問い合わせ下さい。

担当医師

 
飯田富雄
医学博士、外科専門医、日本乳癌学会認定医、日本医師会認定産業医
出口 亮
麻酔科専門医